FC2ブログ

でんちゃんの日々

長野県飯綱をホームとして、自然を愛し、自然に生きるでんちゃんの日々をつづります。

チョット前から気になっていたんですが・・・・?

湖の水位が非常に下がっています

天変地異の前触れ・・・?

あれ・・・・?大座法師池

では無いんです




この場所は

長野市の飯綱高原

大座法師池

昔は

川海老やワカサギが沢山生息していたみたいです

近年

外来魚のブラックバスが増え

ワカサギや川海老は何処かへ・・・・・



飯綱高原 大座法師池

そんな

ワカサギや川海老を復活させるため

水位を下げ

ブラックバス駆除を行っているようです


数年後

ワカサギ釣りが復活することを楽しみにしたいと思います


スポンサーサイト



コメント

たまに拝見させて頂いております。
初めてコメントさせて頂きます。

ワカサギですが、基本的には霞ヶ浦からの移入種です。
元々、全国に居た魚ではありません。
採卵が容易で、60年代~80年代の劣悪な自然条件
(主に富栄養価した池沼)での飼育が可能な為に
全国的に移入されました。

諏訪湖も野尻湖も木崎湖も、毎年稚魚の放流を行っています。
何故かと言えば、ワカサギは年魚(ほとんど1年で死ぬ)上、
自然繁殖が出来る環境が整っていない為です。

また、信州大学の方からお伺いしたお話になりますが、
大座法師池は典型的な貧栄養湖であり、同じ傾向にある
白樺湖と同様に、ワカサギを放流しても
動物性プランクトンの不足により餓死している可能性が高いそうです。

有名なワカサギ釣り場のほとんどが、ブラックバスの釣り場としても有名な点を見ても、
「全てブラックバスのせい」は若干乱暴かもしれませんね。
そんな単純な話なら、環境問題も楽なのですが・・・。

乱文失礼致しました。
今後も記事を楽しみにさせて頂きます。
2011/10/22(土) 10:28:04 | URL | maruchan #8iCOsRG2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://denchanda.blog135.fc2.com/tb.php/556-0685fb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック